契約系統の種類|エレベーターのメンテナンスは施設と利用者を守る手段
男女

エレベーターのメンテナンスは施設と利用者を守る手段

契約系統の種類

点検

保守と契約

エレベーター設備のメンテナンス、保守を行なう業者には様々なタイプがありますが、メンテナンスの内容にも種類が存在しています。これらは契約の中で、どのような対応でエレベーター設備のメンテナンス、保守を行なっていくのかが明確に設定されています。基本的に、POG、フルメンテナンスと呼ばれる2系統の契約が存在しています。もちろん、この2系統の契約にもそれぞれ長所と呼べるポイントが存在しているので、エレベーターのメンテナンスに掛かる手間を省きたい、メンテナンスに掛かる費用を抑えたいと言った要望に応じて選ぶ事ができます。

管理者側の希望と契約

エレベーターのメンテナンスに関わる事柄を、全てメンテナンス会社に任せることで管理者やオーナーに掛かる負担を減らす事もできます。管理側の負担を減らす事を目的としているのであれば、フルメンテナンス契約と呼ばれる契約を選択する事ができます。フルメンテナンスの契約では、保守会社の方に部品交換の判断を任せる事が出来るため、管理側が部品交換について把握する必要が無いメリットが存在しています。しかし、その反面契約費用は割高になってしまう点が存在しています。逆に、契約費用を少しでも抑えたいといった場合には、POGと呼ばれる契約を選択することができます。POGとはParts Oil and Greaseの略名で設定された範囲内での部品交換までは含まれますが、範囲外の部品交換に関しては別途費用が必要になる契約です。POG契約を選択する事により、契約費用自体は安く抑えることが可能ですが、部品交換対応の種類によっては別途で費用が発生する可能性があるというものです。これらの契約を上手く使う事によってエレベーターのメンテナンスをより効率的に行なうことができます。