各保守会社の特徴|エレベーターのメンテナンスは施設と利用者を守る手段
男女

エレベーターのメンテナンスは施設と利用者を守る手段

各保守会社の特徴

外観

恒常性の保証

エレベーターのメンテナンスや保守に欠かせない要素には、保守会社やメンテナンスを行なう業者を選ぶ必要があります。メンテナンスを行う業者は、もちろん信頼できる業者を選ぶ必要があります。メンテナンスを行なう業者には、独立系、メーカー系と呼ばれる2種類の系統が存在しています。エレベーターの製造系列によっても対応が変わってくる為、エレベーターを良く理解してメンテナンスを依頼する必要があります。

それぞれの対応

独立系、メーカー系の2種類にはそれぞれメリットが存在しています。まず、メーカー系はその名称の通り、エレベーターを製造しているメーカー専門の保守会社です。エレベーターが設置されている建物や施設の殆どには、大手メーカーのエレベーターが利用されているので設置されているメーカー専門の保守会社にメンテナンスを依頼しておく事でまず間違いはありません。ですが、メンテナンスの費用が割高になるというポイントがあります。独立系の保守会社になるとメーカー系よりも費用が安くなる傾向にあります。このメリットを利用して、エレベーター設備の本体をメーカー系の物にし、メンテナンスを独立系の保守会社に任せる事で、コストを抑えつつ設備の維持を行なうことが可能です。独立系、メーカー系、この両者を比較した際の安全性では、やはりメーカー系の保守会社に軍配が挙がります。ですが、メーカー系の保守会社は、専門としているメーカーの保守会社にしか対応できないというポイントもあります。エレベーター本体が海外製品であった場合は独立系の保守会社に頼ることになります。こうしたエレベーターの保守会社を見極める事により、エレベーターの適切な維持と管理が行えます。