日々の安全の為に|エレベーターのメンテナンスは施設と利用者を守る手段
男女

エレベーターのメンテナンスは施設と利用者を守る手段

日々の安全の為に

集合住宅

エレベーター事故

施設設備として欠かせないエレベーター、最近の建物や施設はエレベーターの設置頻度が増えてきています。その所為か、エレベーターに因る事故の件数も少しずつニュースで見掛けるようになりました。エレベーターの点検やメンテナンスを怠ってしまうと事故の基になってしまいます。エレベーターは建物内設備の中でも大掛かりな設備なので、事故が起こった際には大きな事故になりやすい傾向があります。日々のメンテナンスや点検を怠らない事が、こういった事故を未然に防ぐ手段になります。

判断の基準

エレベーターのメンテナンス、点検は法律でも定められているように、義務として存在しています。どのようなエレベーターでも、年に1度は必ず点検する必要があります、万全を期すのであれば月1回以上の点検は必要になってきます。エレベーターの点検後にはエレベーターの現状を示す基準が存在します。業者にメンテナンス、点検をしてもらう事で現在のエレベーターの状態を把握する事が出来るので、この基準を基にして管理者やオーナーはエレベーターへの対応を行う必要があります。判断基準には、すぐに部品交換や修理を必要とする、要是正。今後、要是正となる可能性が高い状態にある、重要点検。問題のない状態である、指摘なし。これらの3項目が存在しています。メンテナンスを定期的に行なうことにより、これらの判断基準が要是正となってしまう事を未然に防ぐ事ができます。エレベーターの安全性は、日々のメンテナンスが重要であると言えます。